コチさんは2013年までプラハ音楽院のチェロ・室内楽教授をつとめる

チェコ出身。プラハ音楽院およびプラハ音楽アカデミー卒業後、プラハ室内オペラの首席チェリストを務める。1988年、旧チェコスロバキアの独裁政権下で、徴兵を拒否したため収監され、“良心の囚人”となり、ドイツ・アムネスティなど多くの人々の支援活動を受け、89年のビロード革命による政権交代によって解放される。その後、ヴィルトージ・ディ・プラハの首席チェリスト、チェコ九重奏団のメンバーなどを経て、2013年までプラハ音楽院教授として活躍。


現在はメキシコ・チアパス州立芸術科学大学教授に就任し、大学院の開設に携わるとともに、同大学付属弦楽アカデミー主任に抜擢され、コチ氏に学びたいという音楽家が殺到、後進の指導に情熱を注いでいる。

一方、ソリストとしても世界中で演奏活動を繰り広げ、日本では15年にわたってコンサートホールに行くことが出来ない人々のために、病院やホスピス、老人ホーム、子どもたちの施設などへ自ら訪れて音楽を届けている。また、広島や長崎で開かれた「平和コンサート」や、東日本大震災後の被災地支援コンサートなどにも精力的に取り組んでいる。「友情のサビーナ・オーケストラ」及び「アンサンブル・サビーナ」とは2013年から5回共演している。



by Koci50 | 2017-07-08 01:28 | Vladan Koci について