アムネスティ・チャリティコンサート 

魂の自由と、人間の尊厳を求めて!ヴラダン・コチ & アンサンブル・サビーナ コンサート 2017」を開催します。


e0216260_16335452.png




















 









チケット申し込み、問い合わせ:

 アムネスティ大阪事務所 電話:06-6227-8991 FAX: 06-6227-8992 

 (平日 13:0018:00、土・日・祝日休み 

 または osaka@amnesty.or.jp 

 郵便振替:00980-3-301684 アムネスティ・インターナショナル大阪事務所



# by koci50 | 2017-07-12 22:05 | Concert について | Comments(0)

アムネスティの始まり

1961年のある朝、英国の弁護士ピーター・ベネンソン(1921年7月31日―2005年2月25日)は、一片の新聞記事に目を奪われました。それは、当時軍事政権下にあったポルトガルで、学生二人がカフェで「自由のために!」と乾杯したために逮捕され、7年の刑を受けた、という記事でした。

その記事に強い衝撃を受けたベネンソンは、1961年5月28日、英国の「オブザーバー」紙とフランスの「ルモンド」紙に投稿記事を掲載します。題して「忘れられた囚人たち」。記事は当時、東側、西側そして第三世界の各国で、政府との意見の違いで囚人となっていた6人のことを取り上げました。軍や警察、国家権力によって自由を奪われ、人びとの記憶から消されてしまう人びと。だがそうした人びとを忘れずに、声を上げ続けていく世界規模の市民運動があれば.....記事は読者たちにそう呼びかけたのです。

「いつの新聞を開いてみても、世界のどこかで誰かが、意見や信仰を政府から認めてもらえないために、投獄され、拷問を受け、処刑されているという記事を目にする......そして読者は、うんざりするような無力感をおぼえる。しかし、人権侵害に対するその嫌悪感を、世界中の人びとがひとつの行動へとつなげることができれば、必ず何らかの効果をもたらすことができるにちがいない....」 e0216260_1051113.jpge0216260_10522919.jpg「忘れられた囚人たち」より

# by koci50 | 2017-07-09 21:45 | Amnesty について | Comments(0)

アムネスティ・インターナショナルは「世界人権宣言」や、国際人権法に定められた人権をすべての人が享受できる世界の実現を目指して活動している世界最大の人権NGOです。1961年に、独裁政権下のポルトガルのカフェで「(祖国の)自由のために!」と乾杯したために7年の刑を受けた大学生の釈放を求める活動、すなわち自分の考えや信条を非暴力で表現したことだけで捕えられている「良心の囚人」を救援する活動から始まりました。現在150カ国以上の国々で700万人の支援者、会員、活動家によって支えられています。毎年、世界各地に調査団を送り、人権侵害の調査を行なうとともに、人権侵害をやめさせるための活動を行なっています。1977年にノーベル平和賞、1978年には国連人権賞を、それぞれ受賞しました。e0216260_21365274.png

# by koci50 | 2017-07-09 21:42 | Amnesty について | Comments(0)

2017年10月に神戸、京都、大阪で実施するコンサートのサポートをしてくださいませんか?

・コンサートの広報宣伝を手伝う
・事務所で電話の受付を手伝う
・チケット販売の手伝いをする
・コンサート当日に、会場の手伝いをする
など

お手伝いしていただける方は下記までご連絡ください。

アムネスティ大阪事務所 電話:06-6227-8991 FAX: 06-6227-8992 

(平日 13:0018:00、土・日・祝日休み または osaka@amnesty.or.jp 



# by koci50 | 2017-07-08 01:34 | コンサートのボランティア募集 | Comments(2)

チェコ出身。プラハ音楽院およびプラハ音楽アカデミー卒業後、プラハ室内オペラの首席チェリストを務める。1988年、旧チェコスロバキアの独裁政権下で、徴兵を拒否したため収監され、“良心の囚人”となり、ドイツ・アムネスティなど多くの人々の支援活動を受け、89年のビロード革命による政権交代によって解放される。その後、ヴィルトージ・ディ・プラハの首席チェリスト、チェコ九重奏団のメンバーなどを経て、2013年までプラハ音楽院教授として活躍。


現在はメキシコ・チアパス州立芸術科学大学教授に就任し、大学院の開設に携わるとともに、同大学付属弦楽アカデミー主任に抜擢され、コチ氏に学びたいという音楽家が殺到、後進の指導に情熱を注いでいる。

一方、ソリストとしても世界中で演奏活動を繰り広げ、日本では15年にわたってコンサートホールに行くことが出来ない人々のために、病院やホスピス、老人ホーム、子どもたちの施設などへ自ら訪れて音楽を届けている。また、広島や長崎で開かれた「平和コンサート」や、東日本大震災後の被災地支援コンサートなどにも精力的に取り組んでいる。「友情のサビーナ・オーケストラ」及び「アンサンブル・サビーナ」とは2013年から5回共演している。



# by Koci50 | 2017-07-08 01:28 | Vladan Koci について | Comments(0)